February 06th

「にきび」にはできやすいポイントがある…

「にきび」は、メディカル的には尋常性座瘡といわれています。「にきび(尋常性座瘡)」ができる状態になれば、歳に関係なく「にきび(吹き出物)」が出来てしまいます。実は「20歳過ぎたら吹き出物」というわけではなく、10代でも30代でも「にきび」はできます。「にきび」は、毛穴の中に皮脂などが詰まることがもともとの原因で、その周りが赤く腫れたり、細菌感染して膿んでくることもあり、痛さを伴うことも少なくありません。顔や体など「にきび」のできやすいポイントというのがあって、特に顔に出来ると目立って気になりがちです。「にきび」を気にして触れたりすると、皮膚の表面に出来てる常在菌に感染して、皮膚が炎症を起こしてしまい、にきびによる炎症が治ったとしても、にきび跡が残ることになってしまいます。きび跡は、自然にきれいに治ることはなく、残ってしまいます…十代の頃は特に多くの「にきび」ができやすく、ちゃんとケアして治さないと、たくさんの「にきび跡」がボッコリと残ってしまうことにもなりかねないのです。そして、にきび跡に色素沈着が起こってしまい、シミができてしまうこともあります。ほとんどの人が「にきび」でお悩みになると思いますが、「にきび」とは適切な処理が必要な皮膚の病気なのだということをしっかり覚えておく必要があると思います。

February 06th

洗顔は、やさしく丁寧に行いましょうね

私の悩みは「にきび」なんですよ!最近、生活環境に変化があって、「にきび」が顔(おでこ・ほっぺた)に出来てしまって気になっています。いい歳こいて恥ずかしい…何とか「にきび」を早く治したいと思います。治し方としては、基本にもどって、忠実ににきび系のスキンケアを使いました。にきびのスキンケア化粧品といえば、なんといっても基本洗顔フォームですよね!各メーカーの(自分にあった)洗顔フォームでも、固形石鹸でも、よく泡立ててふわふわ状態で、そのたっぷり泡立てた泡を皮脂が多く出る箇所から洗いはじめましょう。顔を洗うとき私は、ついチカラを入れすぎてゴシゴシと洗いがちで、「洗ってる途中でいっけない!」と気づいて、優しく洗いだすんですが、皆さんも気をつけましょう!顔をこするときは絶対チカラを入れてはダメですよ。たっぷりとよく泡立てておかないと、スグに泡がへたっちゃいます。泡が少ないと、これまたゴシゴシ洗いになっちゃうんで、泡立て作業は念入りにやり過ぎる位が丁度良いのかも…後はキレイなやわらかいタオルで、やさしく押し当てて顔を拭いたら、洗顔の完了ですよ。とにかく「にきび」はやさしく触れましょう…

February 06th

保湿を心がけて…

「ニキビ跡」で悩まされています。私も、いろいろ試して粘り続けています。ニキビ跡対策に一番必要なことは「保湿」らしいです。肌は1ヵ月から1ヵ月半の間に再生していて、「ニキビ跡」は、軽く出来たてのニキビが、ダメージを受けて色素が沈着してしまったものです。ニキビケアが遅くなってしまうと、肌の表面がデコボコしてしまいます。なので、ニキビ跡対策には、慎重に行わなければなりません。顔を洗った後や風呂上りには、必ず化粧水を付けてください。洗顔によって汚れは落ちますが、その後、肌は急激に水分を失い、乾燥します。乾燥もまた、ニキビの原因になってしまいます。化粧水は、少しずつ、何度も重ね付けすることです。何度も何度も化粧水をつけると、化粧水の成分や、美容液、乳液の成分も浸透し、保湿効果が上がります。乳液を付けるのはとても大事で、さらに大事なのは美容液です。赤や茶色のニキビ跡のケアも「美白美容液」を選んだほうが良いと思います。「ニキビ跡」とは、色素が沈着して出来るものですので、美白専用のものは、日焼けや皮膚などのダメージに効く思われがちですが、日焼けやニキビも、外部からのダメージによる色素沈着なので、ニキビにも効果的です。あと、美白パックも最低でも週一ぐらいはおこないましょう。

February 06th

効果的な食事を食べよう…

「にきび」に良い食べ物ってなんでしょう…「にきび」に良いといわれている食べ物を調べて、ご紹介したいと思います。最初に「にきび」に良いといわれているのは、ビタミンAを含む食材です。レバーやニンジン、ウナギやカボチャなど…。ビタミンAは免疫力を向上させる働きがありますし、皮膚を復活させるパワーを上げてくれますから「にきび」に良いといわれているそうです。そして「にきび」にはビタミンBを含む食材もおすすめといわれています。「にきび」に効果があるビタミンBを含む食材は、納豆、アーモンド、チーズなどで、その他に、マグロや鶏のササミなど…。なぜ、ビタミンBが「にきび」に効果的なのかというと、「にきび」の元になっている脂の燃焼を促す作用がありますから、脂の分泌を抑えてくれるので「にきび」にはとても効果的な食材といえると思います。その他に、コラーゲンが含まれている食材というのは「にきび」や「お肌」にとってもたいへんいいといわれ、コラーゲンを含んでいる牛筋やウナギ、カレイなどを食べるようにすると「にきび」に効果があると思います。また亜鉛を含んでいる食材というのも「にきび」になってしまった肌を復活させるといわれていますから亜鉛を含んでいるカキや胚芽(はいが)、煮干や牛肉などをたくさんとって「にきび」を防ぎましょう。

New topics